①「岩谷奥之院・本尊薬師瑠璃光如来」「岩谷弘法大使尊」/ 八尾市

大阪府八尾市大字教興寺に【天照大神高座神社】(あまてらすおおみかみたかくらじんじゃ) と 【岩戸神社】(いわとじんじゃ)があります。これらの神社へ向かう参道の途中に「高野山高安・新四国八十八ヶ所」「本尊薬師瑠璃光如来」と書かれた石柱があります。この下に「岩谷弘法大使」に記された標石がたっています。
この石柱の間の急な坂を登っていくと、両側にたくさんのお地蔵様が並んでいます。台石には番号では無く奉納建立者のお名前が刻まれています。さらに登っていくと一軒の廃墟のような民家があります。その民家の横の細い道を通ってすぐのところが「岩谷奥之院」になります。案内板はありません。「岩谷奥之院」にはかなりたくさんのお地蔵様がいます。小さな社が2つあり「岩谷辨財天大神」と「白富大神」が祀られています。また、鳥居が2つあり、1つは「大光大明神」が祀られています。その隣に白い鳥居があり「白長大神」が祀られています。また、この場所の上の位置に石の灯篭が2体立っています。その先に洞窟のような古墳があります。その内部を利用して中に白いお地蔵様が祀られています。「岩谷弘法大使」と思われます。

 

所在地 :大阪府八尾市大字教興寺550(岩戸神社の参道途中の左側に2本石柱が目印。)
アクセス:近鉄信貴線 信貴山口駅から南へ徒歩約20分。

 

 

(撮影:2017/1/27)

「岩谷弘法大使像」
左の急な坂を登って行きます。

 

 

左の石柱には「岩谷奥之院・本尊薬師瑠璃光如来」となっています。右の石柱には、「高野山高安・新四国八十八ヶ所」となっています。

 

 

急な坂を登って、すぐ広い場所がありますが、ここが「岩谷奥之院」ではありません。前方、右端の細い道を通ります。

 

 


「岩谷奥之院・本尊薬師瑠璃光如来」「岩谷弘法大使尊」/ 八尾市  ①

 

 


「岩谷奥之院・本尊薬師瑠璃光如来」「岩谷弘法大使尊」/ 八尾市 ②

 

左側に廃墟になっていると思われる民家が1軒あります。この横の細い道をまっすく進みます。

 

通ってきた道を振り返った様子。右が民家。

 

この道の突き当りが、「岩谷奥之院」です。案内板などはありません。

 

 


「岩谷奥之院・本尊薬師瑠璃光如来」「岩谷弘法大使尊」/ 八尾市  ③

禊(みそぎ)場の打たせ滝だと思われます。水は流れていませんが。。

 

禊(みそぎ)場の入口の右側の石に「高倉大神」と刻まれてあります。

 

禊(みそぎ)場の入口の左側の石に「日の大神」と刻まれてあります。

 

禊(みそぎ)場の中の石に「熊一大神」と刻まれてあります。

 

不動明王の石仏があります。

 

一般的な不動明王とは違うような気がします。

 

禊(みそぎ)場の岩の間に何か祀られているようです。

 

「古𠮷龍王」

 

「白玉大明神」

 

「古𠮷龍王」

 

書籍:「さっと出てくる」日常英語6000

この本も図書館で借りてきました。日常で使う表現が6000も載っているとさすがに使える表現や言いたい表現がありますが、英語から日本語への索引がついていないのが、とても残念です。載っている例文は、本のタイトルが日常とあるように、口語レベルの感じです。また、6000全部の例文をすべてチェックしたわけではありませんが、著者がネイテイブの割には、日本人が考えた英文では?と思うような文も少しありました。また、全部とはいいませんが、日本文⇒英文のあとに、解説があればいいと思います。どういう場面でこの表現を使うのか、使うときの注意、丁寧さのレベル、まったくの口語なのか、フォーマルの表現に近いのかなど。
この本用の英文音声CDがあればいいと思います。

 

 

Ancient tombs surrounding Takayasu-kofun group.

Mt.Takayasu (488 meters high) is located in the east of Yao city.

There are many ancient tombs including "Nishinoyama-kofun", "Hanaoka-kofun", "Mukaiyama-kofun" at this mountain's high ground. And there are "Shionjiyama-kofun" and "Kagamizuka-kofun" in the west area. Famous Takayasu-kofun group is located on the west slope of Mt.Takayasu. In Koudachi area of Yao city in Osaka, Atagozuka-kofun near Takayasu-kofun group exists at the high ground of Mt.Takayasu. 

 

 

Atagozuka-kofun  [No. 23 tomb in Koudachi area]

 

Atagozuka ancient tomb is an important cultural property designated by Osaka. It is also called the largest scallop-shaped ancient tomb.This ancient tomb is a round burial mound and has dimensions of 22.5 m diameter and of 9 m high. It was constructed in the late sixth century. 

 

 

Reuse of Atagozuka-kofun

 

Atagozuka-kofun existed as a grave in the late 6th century including additional burials. After that it also existed as sacred place in about 200 years. However, that 2 pieces of Sueki (unglazed ware) of early Heian period were excavated and black potteries, unglazed potteries,haji plates and Hagama (kama with wing) of middle, later Heian and Kamakura period were excavated in Atagozuka-kofun shows this ancient tomb had been reused since Heian period. Although the reason why Atagozuka-kofun was reused is not unknown,  that excavated fife-ring pagoda and human bones of Muromachi period show this ancient tomb was used as additional burials or graves in the medieval period.

 

 

 

 


【愛宕塚古墳】 (Atagozuka-kofun) ① / 高安千塚古墳群

 


【愛宕塚古墳】 (Atagozuka-kofun) ② / 高安千塚古墳群

 


【愛宕塚古墳】 (Atagozuka-kofun) ③ / 高安千塚古墳群

 


【愛宕塚古墳】 (Atagozuka-kofun) ④ / 高安千塚古墳群 *古墳上部から八尾市方面の眺め。

 

 

Nishinoyama-kofun

 

It is large keyhole-shaped tomb (an ancient Japanese tomb of circular shape with a rectangular frontage). This kofun's name "Nishinoyama" comes from name of the hill called "Nishinoyama" located at the east foot of mountain.

Stone coffin was excavated  in the rounded rear of Nishinoyama-kofun while the land was cultivated in 1881. In the stone coffin human bones, magatama (comma-shaped beads),  swords were found.  At present, the front square of Nishinoyama-kofun turns a garden plant field after cultivated.  Across the south hill, Hanaokayama-kofun existed.

 

Address : 7-chome, Gakuonji,Yao -city, Osaka.

  (near Osaka University of Economics and Law)

Access : 30-minute walk from Hattorigawa station (Kintetsu Line)

 

 

 

 

 

 

[ Kumano-jinja shrine]

This shrine is located in front of Nishinoyama-kofun.

 

Address : 7-chome, Gakuonji,Yao -city, Osaka.

  (near Osaka University of Economics and Law)

Access : 30-minute walk from Hattorigawa station (Kintetsu Line)

 

 

 

 

 

 

 

 Hanaokayama-kofun

 

In Osaka Natsu no Jin (Summer Siege of Osaka) , the second shogun, Hidetada TOKUGAWA made base position for battle in this land of Hanaokayama-kofun. In Edo era, a temple called "Fukushouin" existed at the front square of this kofun.

At present Osaka University of Economics and Law exists on the place of Hanaoka-kofun. A full view of Osaka Bay and the Osaka Plain can be seen from Kumano-jinja near the University.

 

 

 

 

 

 

 

Mukaiyama-kofun

 

It is large keyhole-shaped tomb (an ancient Japanese tomb of circular shape with a rectangular frontage) constructed in late kofun period using independent hills. The mound was cultivated from early and soils were collected from the back circular part. The ruins of a kiln of late Heian period was found from the south back circular part and it still remains partly.  Kawara (rooting tiles) made here brought to many places of Kinki region including Byodo-in temple in Uji city and Godai-ji temple in Kyoto city to be used.

Kinki region : incl.Osaka, Kyoto,Hyogo,Nara,Wakayama,Mie and Shiga prefectures.

 

Address : 8-chome, Ootake, Yao city, Osaka 

Access : 25-minute walk from Hattorigawa station

 

 

 

 

Shionjiyama-kofun

 

It is a representative large keyhole-shaped tomb (an ancient Japanese tomb of circular shape with a rectangular frontage) in Nakagawachi area, which is located at Otake of Yao city in Osaka. The total length from south to north is 160. Diameter of back circular part is about 92 m and height is about 13 m. The width of front circular part is about 90 m and height is 12 m. In recent yeas Shionjiyama-kofun was developed as a historic park. Burial accessories excavated in survey are on display in Shionjiyama-kofun study center run by Yao city, Osaka. The survey shows Shionjiyama-kofun was constructed in early 5th century of middle kofun period and semms to be a grave for the powerful clan having a control of this local area at that time.

 

 

Address : 5-chome, Ootake, Yao city, Osaka

Access : 5-minute walk from Ootake teiryujo by use of a bus bounds for Hyotanyama station from Yamamoto station (Kintesu Line).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kagamizuka-kofun

 

It is 17m high and called "Matsuyama" or "Fukutsuyama" informally. It is moat type keyhole-shaped tomb. Clay and soils were collected some years ago and  a small shrine exists at the trace. Vallum remains on the top of mound. Two traces of burial mounds were found and also debris of box-shaped funerary urn made of stone were excavated from this kofun. That haniwa in the shape of a broad-rimmed vase, cylindrical haniwa and lid-shaped Haniwa were excavated from the surrounding Kagamizuka-kofun shows thst it was constructed in late 5th century.

 

Address : 182, 5-chome, Ootake, Yao city, Osaka

Access :  25-minute walk from Hattorigawa station (Kintetsu Line)

 

 

 

 

 

 

 

 

高安古墳群周辺の古墳について

高安古墳群周辺の古墳に「愛宕塚古墳(あたごづかこふん)」があります。愛宕塚古墳は大阪府八尾市神立にあります。八尾市の東には高安山(488m)を含む生駒山地が南北に広がっています(金剛生駒国定公園)。高安山の向こうは奈良県になります。高安山一帯の山麓は旧高安郡に属し、愛宕塚古墳がある地は、扇状台地の高燥地です。愛宕塚古墳はこの扇状台地上の十三峠道の入口にあります。この台地上には前期、後期の単独の古墳が散在しています。北から前期の「西ノ山古墳」、「花岡山古墳」、「向山古墳」、後期の愛宕塚古墳が一列にならび、中期の「心合寺古墳」が向山古墳の西方にあります。さらにその西方、高野街道に「鏡塚古墳」があります。高野街道の郡川には中期~後期にかかる東塚と西塚がある。高野山の西斜面には、有名な高安古墳群が分布しています。

 

愛宕塚古墳(あたごづかこふん)」 神立地区23号墳

 

外形の直径は22.5m、高さ9mですが、羨道入口部の両側に4m、長さ3.6m、高さ2mの土手状の突部みられるので、単なる円墳というよりは、ホタテ貝形です。石室は西側壁で15.7m、玄室長7m、玄室幅、玄門基底3.1m、奥壁基底2.5m、玄室高3.9m~4.2m、玄門西袖幅は0.75m、東側0.4mです。羨道西側壁8.7m、幅は羨門付近で2.15m、高さは玄門付近で2.2mです。

 

愛宕塚古墳の再利用

この愛宕塚古墳は追葬を含めて6世紀末には墓としての機能が安定し、その後約200年程、安らかな霊地となっていました。ところが出土品のなかに平安時代初期の須恵器2点が認められる他、平安中・後期、鎌倉時代の黒色土器、瓦器、土師皿、羽釜などが検出されているので、平安時代になってから、愛宕塚古墳は再び利用されています。その理由は明らかにはなっていませんが、追善供養的なことが始められたのか、または、中世墓として利用されたのかもしれません。室町時代五輪塔や人骨が出土していますのでこの時期は墓所として利用されてたと考えれます。その後は、近世には古墳名となった愛宕信仰として利用されたと考えられます。

 

 




 

「西ノ山古墳(にしのやまこふん)」

 

古墳時代前期の南面する前方後円墳です。もと楽音寺の村落がこの地の東の山麓にあった当時に古墳のある丘が「西ノ山」と呼ばれていたところから、そのまま古墳名として残っています。明治十四年(一八八一)開墾中に後円部から石棺が発見され、その中から人骨、勾玉、刀剣などが出土しました。現在、前方部は耕されて植木畑となっています。南の谷をへだてて、同じく前期の前方後円墳の「花岡山古墳」がありました。

 

花岡山古墳について:元和元年(1615)5月の大坂夏の陣には、徳川秀忠がここに陣をとって東軍を指揮しました。江戸時代には前方部の所に福生院という寺院がありました。現在は大阪経済法科大学となっています。現場の隣接する「熊野神社」境内からは、西方一面に大阪平野が望めます。

 

所在地:八尾市楽音寺7丁目(大阪経済法科大学付近)

アクセス:近鉄服部川駅から徒歩10分。

 

 


 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202214339j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202214356j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202214408j:plain

 

熊野神社(くまのじんじゃ)」について;

  熊野神社分神鎮座記念碑があります。これによると、
「昔、楽音寺熊野神社は、西の山の東金比羅屋敷にありましたが、明治初期に、貴島康彦先祖の土地である当地に移されたが、その後倒壊し、御身(神)体は、神立にある郷社玉祖神社に預けられました。昭和三十一年七月十五日、当神社再建にともない、預けた御身体を持ち帰ったが、御神体名については宮司並びに村民に尋ねたが誰一人として知る人がおらず、故に村の三役によって熊野本宮大社へ参り、宮司様とお会いして由来を聞いた。それによると「京都より摂津和泉を過ぎ当国に入り田辺より近露を経て当地に至る沿道に諸王子社あり、古くは、衰微(すいび)して僅かに地名のみ そのあとを止めている状況であります。全国に分布する熊野神社の分社は5千社あって大阪府下には六十余社が分神としてまつられている」とのことであり、当神社もその一つであることが判明したので、昭和五十七年七月十五日、新たに分神として迎え、之を記念し建立したものである。」となっています。

衰微:物事の勢いが衰えて弱くなるさまを意味する語。

 

 

所在地:八尾市楽音寺7丁目(大阪経済法科大学付近)

アクセス:近鉄服部川駅から約徒歩30分。近鉄バス「楽音寺」から徒歩約10分

 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202214418j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202214507j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202214516j:plain

 

 

「花岡山古墳(はなおかやまこふん)」

 

西の山古墳から、南の谷をへだてて、古墳時代前期に造られた前方後円墳の「花岡山古墳」があります。大阪経済法科大学内にありますので許可なく入ることはできません。
元和元年(1615)5月の大坂夏の陣には、徳川秀忠がここに陣をとって東軍を指揮しました。
昭和30年代に消滅してしまい、現在は大阪経済法科大学正門傍に碑が立てられています。

 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202222110j:plain

 

「向山古墳(むかいやまこふん)」

 

古墳時代の前期に属し、独立丘陵を利用して設けられた西向きの前方後円墳です。墳丘は早くから開墾されて植木畑となり、後円部は一部が採土されています。後円部南側の池畔に平安時代末期の窯跡があり、いまも窯の一部が遺っています。ここで焼かれた瓦は宇治の平等院、京都の醍醐寺をはじめ近畿各地に運ばれています。

所在地:八尾市大竹8丁目

近鉄服部川」駅から徒歩25分。

 

 

 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202224304j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202224314j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202224325j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202224332j:plain

 

 

「心合寺古墳(しおんじやまこふん)」

 

全長約160メートルの規模を有する。後円部の直径が約92メートル・高さ約13メートル、前方部の幅が約90メートル・高さ約12メートルの前方後円墳である。前方部が南方、後円部が北方にあり、墳丘は三段築成となっている。 また、生駒山地の麓に等高線に沿うように築かれて、周濠は南側と北側の2か所で堤を造って区切られているため、その東西で水位の異なる珍しいつくりとなっている。
近年、史跡公園として整備され、墳丘の平坦部には円筒埴輪(レプリカ)が並べて立てられている。復元整備にあたって、後円部中腹にある2本のキリの大木を保存する案と伐採する案があったが、結局残すことになった。 これまでの発掘調査で出土した副葬品等は、古墳の脇にある「八尾市立しおんじやま古墳学習館」で展示されている。

古墳時代の中期、5世紀初め頃に作られたといわれる。当時このあたりを支配していた豪族の墓と考えられている。

 

 所在地:大阪府八尾市大竹5丁目

アクセス:近鉄大阪線河内山本駅から近鉄バス瓢箪山駅」行きで大竹停留所下車、

     徒歩約5分

 


 


 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202230659j:plain

 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202230739j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202230814j:plain

 

 

「鏡塚古墳(かがみづかこふん)」

 

標高一七メートル、俗に松山とか腹痛山といわれています。墳丘の上部には粘土郭が残り、また火葬跡が二ヵ所発見され、石櫃の蓋の破片も出土しています。古噴時代の中期末の環濠式前方後円墳で、数年前に採土され、その跡に小神祠をまつります。入口のところに宝山神社の碑があります。昭和三十四年四月大阪府から史跡として指定されました。

墳丘の上部には粘土槨が残り、また火葬跡が2カ所発見され、石櫃の蓋の破片が出土しています。これもこの古墳の跡に、後にここで火葬が行われて、相ついで葬られたものです。周辺から出土した円筒埴輪や朝顔形埴輪、蓋埴輪から5世紀末頃の古墳と考えられます。

 

所在地 :大阪府八尾市大竹5丁目182

アクセス:近鉄服部川」駅から徒歩約26分/近鉄バス「楽音寺」から徒歩約3分

 


 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202235115j:plain

 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202235253j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202235330j:plain

 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161202235405j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高安古墳群(たかやすこふんぐん)「高安千塚古墳群」 / Takayasukofungun

高安古墳群(たかやすこふんぐん)は、大阪府八尾市の東部、高安山の麓に分布する古墳群。「高安千塚古墳群」の名称で国の史跡に指定されています。八尾市の高安地区中部(千塚、山畑、大窪、服部川、郡川あたり)には約200基以上の古墳群が現存しており、(2016年11月時点では224基)その多さからこのあたりを「千塚」と呼ぶようになりました。 古墳時代後期の6世紀から7世紀にかけて造られ、大正時代の調査で、かつては600基ほどあったとみられています。 その多くが、横穴式石室を持った直径10~20メートルほどの小さな円墳で、高安山の中腹、標高50~300メートルあたりに多く分布しています。 大抵の場合、南側に開口しています。 このあたりでは4, 5世紀の古墳時代前・中期にかけては巨大な権力を持ったごく少数の人物が巨大な前方後円墳を造りました。しかし古墳時代後期には権力が分散し、財力のある小豪族がこのあたりに勢力を伸ばし、小規模な円墳を造るようになり、多くの墳墓が集中するようになったと考えられています。具体的な被葬者については詳細不明です。 明治時代初期に モースが開山塚古墳などを調査・スケッチをして、その成果を「日本におけるドルメン」として紹介しています。 また、W・ゴーランドが二室塚古墳の写真撮影を試み、1897年(明治30年)に論文で「双室ドルメン」として発表していることが後の研究で判っています。 なお、坪井正五郎1888年(明治21年)に「古墳・塚穴、ドルメン同源説」という論文を発表しています。

 

「高安千塚古墳群」の国史跡指定:平成27年3月10日付けで告示

 [文部科学省告示第38号]。

 

 

「高安千塚古墳群」の重要性について

 

【歴史的重要性】

 

1) 200基以上の横穴式石室が良好に残る近畿地方最大級の古墳群。

   (2016年11月時点では224基)

2) 日本の古代国家のなりたちを考える上で重要な古墳群。

   ・河内から大和への要所であったと考えられる。

   ・大型で精巧な造りの石室がありヤマト政権との強い繋がりが考えられる。

 

【歴史的景観の重要性】

 

3)   高安山の豊かな自然の中で古墳が広がる歴史的な景観。

 

【考古学史上の重要性】

 

4)  江戸時代から知られており、明治には海外へ紹介されている。

 

 

「高安千塚古墳群」の分布状況

 

 

1)大窪・山畑支群

2)服部川支群

3)郡川北支群

4)郡川南支群

 

 

1)大窪・山畑支群

 

「八尾ドルメン」

(正式名:大窪・山畑36号墳)/ Yao dolmen tumulus

 

全国的に有名な大阪府八尾市の高安古墳群の中で「八尾ドルメン」(又は「河内ドルメン」)と呼ばれる古墳です。墳丘の盛土が失われ、石室が完全に露出した状態になっています。この「ドルメン」と言う言葉の意味ですが、これは支石墓(しせきぼ)のことで、新石器時代から初期金属器時代にかけて、世界各地で見られる巨石墓の一種のことです。基礎となる支石を数個、埋葬地を囲うように並べ、その上に巨大な天井石を載せる形態をとります。

 

場所:八尾市農免道の神立2丁目付近
アクセス:近鉄服部川」駅から徒歩約30分

 

This ancient tomb is called "Yao Dolmen" (or "Kawachi dolmen") in nationally famous Takayasu tombs of Yao City in Osaka, Japan. This ancient's stone chamber has been completely exposed after embankment of the mound was lost.

 

Place : Near the road which is called Noumendou in Kodachi, Yao city, Osaka.
Access : 30-minute walk from Hattorigawa station of Kintetsu Line.

 

 

 

 

      

      

      

      

      

(2016年11月撮影)

 

 

「俊徳丸鏡塚古墳」(大窪・山畑27号墳)

 

古墳時代後期(6世紀)に造られた横穴式石室の古墳ですが、当地が謡曲弱法師(よろほうし)、浄瑠璃摂州合邦ヶ辻(がっぽうがつじ)で名高い俊徳丸の故地とされていることから、俊徳丸の墓とされてきたようです。 この古墳には、こういったいわれから、明治から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者が寄進したさまざまな石造物【実川延若(じつかわえんじゃく)寄進の焼香台・七代目松本幸四郎寄進の手水鉢・六代目尾上菊五郎寄進の灯籠の石】があります。 

 

場所:八尾市服部川8丁目
アクセス:「服部川」駅から徒歩約8分

 

Shuntokumarukagamizuka ancient tomb is horizontal stone chamber type whcih is constructed in sixth century. As it is said that Shuntokumaru who is famous for Joruri owned the ground, Shuntokumarukagamizuka has been regarded as his tomb. 
From this story, there are many stoneworks that kabuki actors, who succeeded between Meiji and Showa period,contoributed to this ancient tomb. The stonewaorks are a stand for burning incense, a waterbasin and a stone lantern.

 

Address : 8-chome, Hattorigawa, Yao city, Osaka
Access :  8-minute walk from Hattorigawa station of Kintetsu Line.

 

 

 

 

 

       

       

       

       

 

「抜塚(ぬけづか)」大窪・山畑7号墳

 

浄土宗来迎寺の墓地内の南側、現在地から右手に見える横穴式石室墳(よこあなしきせきしつ)です。トンネルのように、通りぬけることができることから、抜塚(ぬけづか)ともよばれています。現在、残っている部分は、羨道(せんどう)といわれる石室の通路部分です。羨道の長さは8m、高さは2.2mあります。本来はこの部分の北側、本堂寄りに、玄室といわれる棺(ひつぎ)を納めた部屋がありました。玄室は、長さ5~6m、幅3m前後と推定され、石室の本来の長さは、13~14m前後になると想定でき、高安古墳群中で最大級の石室の1つであったと考えられます。現在、「抜塚」は国史跡になっています。

 

住所:大阪府八尾市大字大窪35
アクセス:近鉄服部川」駅から徒歩約20分

 

Ookubo/Yakatake No.7 ancient tomb : This ancient tomb is horizontal stone chamber 
style which is located at the south side of graveyard of Raiko-ji (temple). It is also 
called "Nukezuka" because its shape is like a tunnel that people can go through. 
The remaining part is a passage of stone chamber, which is called, "sendo".

 

Addess : 35, Oazaokubo, Yao city, Osaka
Access : 20-minute walk form Hattorigawa station of Kintetsu Line.

 

 

 

 

        

        

        

       

       

       

       

       

 

2)服部川支群

 

「二室塚古墳」(服部川25号墳 他7号墳)

 

二室塚古墳(にしつづかこふん)は、300基近い古墳からなる高安古墳群の服部川に所在する、6世紀後半頃に造られた横穴式石室墳です。石室の構造は、右片袖式(みぎかたそでしき)の玄室を2つ連結したもので、全国的に類例のないものです。複数の石室を有する複室構造(ふくしきこうぞう)といわれる石室は、九州を中心に分布していますが、二室塚古墳の石室はこれと異なり、畿内で典型的にみられる片袖式石室を連結した構造で、このような石室は、同じ高安古墳群の郡川にある交互二室塚古墳(こうごにしつづかこふん)(右片袖式に左片袖式の石室を連結)にしかありません。二室塚古墳の石室は、当時の政権の中心であった畿内において、独自の複室構造として造られたものであり、畿内の横穴式石室を考える上で大変貴重なものです。また、二室塚古墳は、日本近代考古学の草創期である明治時代に、「日本考古学の父」といわれる英国人ウィリアム・ガウランドが、米国人ロマイン・ヒッチコックとともに、ガラス乾板による写真撮影を行い、「双室ドルメン」として、いち早く海外に紹介した古墳として貴重な学史を有する古墳です。ガウランドは、大阪造幣寮(おおさかぞうへいりょう)(現在の造幣局)の技術指導のため、わが国に招かれたお雇い外国人でした。彼は、日本各地の古墳の調査研究を行い、その業績は古墳の科学的研究の基礎を築いたものであり、「日本考古学の父」といわれています。ヒッチコックもまた、お雇い外国人であり、卓越した写真技術を持ち、日本の古代研究等にも大きな業績を残しています。彼らは、明治20~21年(1887~88年)に高安古墳群を訪れたと考えられており、その写真には、当時の二室塚古墳石室の姿が明瞭に残されています。

 

住所:大阪府八尾市服部川1023(神光寺墓地)
アクセス:近鉄服部川」駅から徒歩約18分

 

 

Double chamber ancient tomb in Yao city, Osaka, Japan.
This ancient tomb ,“Nishitsuzuka-kofun” is located in Hattorigawa area of approximately
300 tombs of Takayasu-kofun in Yao city, Osaka, Japan. It is horizontal stonechamber
structural type, which was constructed in late 6th century.

 

In the latehalf of the fifth century, Kofun mounds in the northern part of Kyushu and the
Kinai region increasingly adopted the horizontal stone chamber structural style.
The construction of this horizontal stone chamber is Migikatasode-style (a stone chamber with passageconnected the right side in the wall of the burial chamber) and opened to the south.
As two burial chambers are connected together inside ancient tomb, it is very rare nationally.

 

(Remark)
Ryosode-shiki & Katasode-shiki
When looking at the rock chamber from above, if the passage is located at the center of the burial chamber, it is called Ryosode-shiki and if the passage is located toward right side or left side, itis called Katasode-shiki.
For this ancienttomb, “Nishitsuzuka-kofun”, William Gowland who is called " the "Father of Japanese Archaeology", did photographing by way of photomask with Romyn Hitchcock (1851-1923cultural anthropologist) and introduced it promptly to foreign countries.

 

(Remark)

「日本考古学の父」といわれる英国人ウィリアム・ガウランド について。
William Gowland (16 December 1842 – 9 June 1922) was an Englishmining engineer most famous forhis archaeological work at Stonehenge and in Japan. He has been called the "Father of JapaneseArchaeology".

 

 

Address : 1023, Hattorigawa, Yao city, Osaka.(in the graveyard of Jinko-ji)
Access : 18-minute walk form the Hattorigawa station of Kintetsu Line.

 

 

 

 

      

      

      

      

      

      

      

      

      

 

 

 

服部川78号墳」国史

 

 

 

服部川7号墳」国史

 

服部川支郡(神光寺周辺の古墳

 

神光寺と付近一帯の横穴式石室の後期古墳の群集地の散策をしました。 服部川の東方山腹にあり、谷一つ隔てて、郡川の法蔵寺に相対する。医王山薬師院神光寺と称し、曹洞宗蔭涼寺末である。享保年間(18世紀初め)に万徹和尚の開基で、薬師如来を本尊とし、本堂前に揚げてある“天玄堂”の扁額は、徳川光圀の帰依した東皇心越の書である。風景よく、参道には桜並木があり、桜の名所として知られ、春の花時には非常に賑わいを見せる。また付近一帯は、横穴式石室の後期古墳の群集地で、至る所に古墳がみられる。アクセス:神光寺までは、「服部川」駅から徒歩約18分(「服部川」駅より東方(高安山山頂)へ坂道を上がる。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

3)郡川北支群

 

 

「開山塚古墳」(郡川1号古墳)

 

 開山塚古墳(かいざんつかこふん)という古墳の名称は、江戸時代に曹洞宗法蔵寺を開いた好山和尚の廟塔である清涼塔が、古墳の背後にあることから、名付けられたものです。石室の全長は、13mを測り、高安古墳群中、最大の両袖式の横穴式石室墳です。また、大森貝塚を発見した米国人の博物学者、エドワード・S・モースが、明治12年(1879年)に精密な図の作成を行うなどの調査を行い、欧米の学界にいち早く紹介した古墳でもあり、考古学の学史上も重要な役割を果たした古墳です。

 

エドワード・シルヴェスター・モース(Edward Sylvester Morse、1838年6月18日 - 1925年12月20日)は、アメリカの動物学者。標本採集に来日し、請われて東京大学のお雇い教授を2年務め、大学の社会的・国際的姿勢の確立に尽力した。大森貝塚を発掘し、日本の人類学、考古学の基礎をつくった[1]。日本に初めて、ダーウィンの進化論を体系的に紹介した。

 

場所:八尾市郡川6丁目3
アクセス:近鉄信貴山口」駅から徒歩約20分(近鉄信貴山口」駅(西の踏切)から、「法蔵寺」に向かって坂を上がる)。最寄駅:近鉄信貴山口」駅、又は近鉄服部川」駅です。

 

This ancient tomb is called "Kaizanzuka-kofun". The total lenghth of this stone chamber is 13m. It is the largest  a horizontal stone chamber with ryosode-style (a horizontal stone chamber with the passage connected the center of the wall of burial chamber) in Takayasu ancient tomb groupe. Edward Sylvester Morse (natural historian) who found Omori-zuka did precise survey of this ancient tomb and Immediately introduced it to European and American academia. Kaizanzuka-kofun played the most important role in academic history of archeology.
A monument called "Seiryotou" stands back of Kaizanzuka-kofun.

 

 

アメリカの動物学者、エドワード・シルヴェスター・モース について。
Edward Sylvester Morse was born in Portland, Maine as the son of a Congregationalist deacon who held strict Calvinist beliefs. His mother, who did not share her husband's religious beliefs, encouraged her son's interest in the sciences. An unruly student, Morse was expelled from every school he attended in his youth — the Portland village school, the academy at Conway, New Hampshire, in 1851, and Bridgton Academy in 1854 (for carving on desks). He also attended Gould Academy in Bethel, Maine. At Gould Academy, Morse came under the influence of Dr. Nathaniel True who encouraged Morse to pursue his interest in the study of nature.

 

 

 

Address : 3,6-chome, Kourikawa, Yao city.
Access : 20-minute walk form Shigisankuchi station.

 

 

 

 

 

 

       

       

       

       

       

       

 

 

 

4)郡川南支群

近鉄信貴山口駅から高安山駅信貴山線の南側周辺に数多くの古墳が存在します。

(郡川11、16、28号~42号墳など)

 

 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194628j:plainf:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194704j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194731j:plainf:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194747j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194805j:plainf:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194811j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194823j:plainf:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194828j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194841j:plainf:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161201194929j:plain

 

 

 

 

 

 

高安古墳群周辺地区の古墳

 

愛宕塚古墳」

 

愛宕塚古墳(あたごづかこふん)は八尾市神立にあります。大阪府指定遺跡。 円墳、直径25m、高さ6m。6世紀後半。生駒山西麓部で、横穴式石室をもつ最大のホタテ貝式古墳とも言われています。標高70mの見晴らしのいい高台にあります。開口部は南向き。円憤経は25m、墳高は60mで、古墳時代後期(6-7世紀)の築造と考えられています。横穴式石室(右片袖式 全長 16.8m、玄室高4.1m)は府下最大級の規模で、内部は両袖石室になっており、家型石棺片に、二上山の白色凝灰岩と、播磨系の石材の二種類が使われていたことが確認されています。家形石棺片、鉄製品、鉄地金銅張の馬具一式(鉄地金銅張子持剣菱形杏葉・鉄地金銅張垂飾板・銀象嵌龍文鞘金具 )金銅製装飾類、土器、玉類等が出土。捩(ね)じり環頭(かんとう)太刀の一部のほかに、多数の須恵器が出土した。古墳は府指定史跡で、出土品は府指定有形文化財になっています。

 

住所 : 八尾市神立4丁目42-89
アクセス: 近鉄信貴線 服部川駅下車 徒歩20分

 

 

Atagozuka ancient tomb is designated important cultural property by Osaka. 
It is a round burial mound and has dimensions of diameter, 25m and height, 6m. 
The constuction is in latter part of the sixth century. Atagozuka ancient tomb is said to 
be the largest scallop-shaped tomb at the western foot of Mt.Ikoma.

 

Address : 42-89, 4-chome, Kodachi, Yao city
Access : 20-minute walk from Hattorigawa station of Kintetsu Line.

 

 

 

 

 

1)装飾付大刀:愛宕塚古墳は、神立墓地の西側にある直径約22.5mの円墳で、南向きの両袖式(りょうそでしき)の横穴式石室です。石室の大きさは、全長15.7m、羨道部(せんどうぶ)8.7m、玄室部(げんしつぶ)7.0m、羨道幅2.1m、石室幅は奥壁で3.1m、高さは玄室で4.2mあり、大阪府下最大級です。盗掘を免れた副葬品(ふくそうひん)が多数検出されました。


【大刀について】龍文銀象嵌鞘金具(りゅうもんぎんぞうがんさやかなぐ)付捩(ね)じり環頭大刀(かんとうたち)が見つかりました。龍文銀象嵌の鞘口(りゅうもんぎんぞうがんさやぐち・写真の金具)や鞘尻(さやじり)の出土例は極めて少なく、捩じり環頭大刀の分布の中心は大阪府奈良県を中心とする畿内とその周辺です。その他、武器としては、鉄鏃(てつぞく)、鉄鉾(てつほこ)、石突(いしつき)、玉類、被葬者の服に飾りつけたと考えられる金銅製の帽子形飾金具(ぼうしがたかざりかなぐ)、勾玉形(まがたまがた)飾金具類等が出土しています。


2)鉄地金銅張馬具類:愛宕塚古墳は、直径約22.5mの円墳で、南向きの両袖式(りょうそでしき)の横穴式石室です。石室の大きさは、全長15.7m、羨道部(せんどうぶ)8.7m、玄室部(げんしつぶ)7.0m、羨道幅2.1m、石室幅は奥壁で3.1m、高さは玄室で4.2mあり、大阪府下最大級です。盗掘を免れた副葬品(ふくそうひん)が多数検出されました。


【馬具について】鉄地金銅張の馬具には、腰佩(ようはい・人の腰に飾るもの)もしくは花弁形(かべんがた)の杏葉(ぎょうよう・馬の飾り)と推定される垂飾板(すいしょくばん)をはじめ、鞍(くら)の磯金具や鏡板(かがみいた)の破片、子持剣菱形(こもちけんびしがた)杏葉(写真の馬具)、辻金具(つじかなぐ)、雲珠(うず)、木芯鉄張壺鐙(もくしんてつばりつぼあぶみ)、革の飾金具、鉸具(かこ)等があります。垂飾板は、その縁取りの文様が波文帯(はもんたい・波状の文様)に点を配するもので、朝鮮半島出土の金銅冠(こんどうかんむり)製品にみられる文様と同じで注目される資料です。


3)土器類:直径約22.5mの円墳で内部構造は南向きの両袖式(りょうそでしき)の横穴式石室(よこあなしきせきしつ)です。石室の大きさは、東壁16.7m、西壁16.3m、羨道部(せんどうぶ)9.5m、玄室部(げんしつぶ)7.0m、羨道幅2.1m、石室幅は奥壁で2.5m、高さは玄室で4.1mあり、大阪府下最大級です。盗掘(とうくつ)を免れた副葬品(ふくそうひん)が多数検出されました。【土器について】愛宕塚古墳で出土した多数の土器は、時期幅がありますが、主に6世紀代の須恵器(すえき)・土師器(はじき)が多数出土しています。須恵器には大型器台をはじめ、壺・はぞう・高杯(たかつき)・台付壺等合わせて百点あまりが検出されています。また、土師器には高杯や須恵器を模した壺等もあります。これらの土器は、愛宕塚古墳の時期を決める上で重要な資料となります。

 

 

 

 

 【八尾市内古墳まとめ】

 

河内ドルメン、抜塚、愛宕塚古墳、二室塚古墳、俊徳丸鏡塚古墳、心合寺山古墳、

その他など9か所です。

 

 

 

 

 

【高安古墳群(たかやすこふんぐん)ウィキペディアWikipedia)】

 

高安古墳群(たかやすこふんぐん) / ウィキペディア(Wikipedia)

    高安古墳群(たかやすこふんぐん) / ウィキペディアWikipedia

 

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161126132833j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161126132854j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161126132917j:plain

f:id:kazuyoshi-sakamoto2000:20161126132931j:plain