読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【西方院】(さいほういん) 大阪府太子町

【西方院】(さいほういん)は、大阪府南河内郡太子町にある浄土宗の仏教寺院。山号は南向山、寺号は法楽寺。 寺伝によれば、創立は推古天皇30年(622年)、開基は三尼公(善信尼、禅蔵尼、恵善尼)。本尊は阿弥陀如来と十一面観音菩薩。 『河内名所図会』等に見える伝承によれば、622年に聖徳太子が死去した後に出家した三人の侍女、善信(俗名月益、蘇我馬子の娘)・禅蔵(俗名日益、小野妹子の娘)・恵善(俗名玉照、物部守屋の娘)により、聖徳太子廟がある叡福寺の門前にその塔頭として法楽寺の寺号で創建されたといい、聖徳太子作の阿弥陀如来像を本尊として遺髪を納めたと伝わる。この縁起から、日本最古の尼寺であるともいう。但し、『日本書紀』によれば、善信尼は司馬達等の娘で、出家したのは敏達天皇13年(584年)であり、日本最古の尼寺は飛鳥の豊浦寺である。江戸時代初期の寛永16年(1639年)、衰退し荒廃していた寺を蓮誉寿正尼が中興し、名称は西方院と改められた。 本堂、鐘楼の南側に塀を隔てて墓地がありその墓地の中に「三尼公廟所」が建てられている。「三尼公廟所」には中央に比較的大きな石塔が、その両側に小さい石塔が立てられているが、中央の大きい塔に三人がまとめて葬られているものと思われます。 所在地:大阪府南河内郡太子町太子1663

www.jalan.net