読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱田神社(あつたじんじゃ) 松原市

熱田神社(あつたじんじゃ) この宮は、日本武尊をまつる。日本武尊景行天皇の皇子でもと小碓命という。 御父の命により九州の熊襲をうつ。熊曽建は死にのぞみ倭建の御子の名をおくる。 これより日本武尊と名のる。再び東国の蝦夷を討つ。その途伊勢神宮に詣で叔母の倭姫命より、神剣を受けられ、国々悪神を討つ。 帰途伊吹山の神と戦って病を得、伊勢の能褒野でみまかる。その霊は白鳥となって飛んで河内の志紀にとどまる。 よって御陵を白鳥の御霊という。 神剣は草薙剣といい、今は愛知県の熱田神宮にまつる。 住所:大阪府松原市別所町576番地

www.jalan.net