読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【久米御縣神社】(くめのみあがたじんじゃ)奈良県橿原市

【久米御縣神社】(くめのみあがたじんじゃ)は、奈良県橿原市にある神社である。式内社で、旧社格は村社。 高皇産霊命・大来目命(天久米命)・天櫛根命を祀る。創建の由緒は不詳である。「御県神社」という神社は大和国内に7社あり、いずれも皇室の御料地である御県(みあがた)に鎮座していたものである。『日本書紀垂仁天皇27年に「是歳、来目邑に屯倉を興す」という記述があり、創建もその頃とみられる。 延喜式神名帳では「大和国高市郡 久米御縣神社三座」と記載され、小社に列格している。ただし、延喜式祈年祝詞には他の6つの御県神社が記載されているが、当社は含まれていない。 久米氏の衰退とともに当社も衰微したが、隣接して久米寺が創建され、当社はその鎮守社として再建された。江戸時代中期頃からは「天満宮」「天神社」と呼ばれるようになった。現在も、「天満宮」「天神社」と書かれた燈籠が数多く残る。 明治初年の神仏分離により久米寺から分離され、明治中期に久米御縣神社に改称した。 所在地:奈良県橿原市久米町786

www.jalan.net