読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高津宮の境内社・谷末神社

高津宮の本社裏に谷底のような薄暗い一角があります。その 谷の底に「谷末社」が祭られています。白菊社(草野姫命〈かやぬひめ〉),千年社(大市姫命〈おおいちひめ〉),常高社(大山祇命〈おおやまつみ〉)の三座です。草野姫は大山祇神の妃として多くの神を生みました。大市姫は神大市姫とも称し大山祇神の子です。市場の繁栄を司る神として信仰されています。谷末社におりる坂の途中に「陰陽石」とよばれる怪石が祭られています。「陰陽石」は生命力や繁栄の象徴とともに豊穣祈願、繁盛祈願に効能があります。 住所:大阪府大阪市中央区高津1丁目(高津宮境内)

www.jalan.net